相場雑感

2021/7/2(金)の相場雑感

2日の市場は日経平均が5日ぶりに反発。終値は前日比76円高の2万8783円でした。東京市場は、前日の米株高にて序盤から買い先行の展開に。直近は4日続落しているため値頃感も働いた模様です。一方で、週末および米雇用統計前にて警戒感も感じられる1日でした。なお、国内での新型コロナの感染者数の増加傾向は無視できず、上値ブレイクにはまだ時間がかかりそうです。
本トレードシステム、同日の売り買いが分かれる相場にて、各銘柄は的確なサイン。ここからは無駄打ちの少ない堅実なサイン精度が求められます。なお、この相場でも資金を目減りさせることなく損益カーブを伸ばせるロジックが真のシステムと言えます。

前日の米国市場は、名実ともに下半期入りしたことで新規資金が流入し、ダウ平均は大きく3日続伸となりました。米景気の回復が順調で、中長期的な先高期待も生まれています。買われる範囲も幅広く、S&P500は6日連続で過去最高値を更新。米主要500社で構成される同指数が順調なことで、全体的に買い安心感が広がっています。懸念されていた米長期金利は安定状態を維持。一方で、原油相場が強含みで推移しており商品市況は引き続き選好対象となっています。

【トレードシステム詳細はこちら】



↑ ↑ ↑ ↑ ↑

今日の相場が気になる方は、ここをクリック!

関連記事

  1. 2021/9/24(金)の相場雑感

  2. 2020/12/4(金)の相場雑感

  3. 2021/6/30(水)の相場雑感

  4. 2021/5/21(金)の相場雑感

  5. 2020/12/30(水)の相場雑感

  6. 2021/1/29(金)の相場雑感

PAGE TOP

運用システムについて

システムの運用パフォーマンス

相場雑感

2021/9/24(金)の相場雑感

銘柄ピックアップ

【4911】資生堂

今日の戦績

今日の戦績【2021年9月24日(金)】

運用システムについて

システムの概要・理論