相場雑感

2021/8/6(金)の相場雑感

6日の市場は日経平均が続伸。終値は前日比91円高の2万7820円でした。東京市場は、前日の米株高を受けて小口買いが先行。上値が200日移動平均線(2万7927円)付近で伸び悩み、同線が意識されている様子が伺えます。パラリンピックを含めた東京五輪はまだ前半戦が終わったに等しく、強いコロナ対策がまだ打てない状況。買い方が二の足を踏むのも仕方のないことといえます。
本トレードシステムいおいて、値上がり数の少ない同日は、見送りサインとエントリーサインの取捨選択が銘柄ごとにしっかり。勝てる銘柄では通常通りのエントリーサインにて利益続伸。軟調銘柄では見送りサインと、無駄なロスを避ける形にてロジックの堅牢性が見て取れる1日となりました。

前日の米国市場は、米経済の底堅さが評価されダウ平均は反発。新型コロナ変異株の拡大懸念にて前日は押したものの、大勢に影響はないとの安心感より押し目買いが広がりました。また長期金利の下げ止まりもプラスに働いた模様です。この日はS&P500が2日ぶりに最高値を更新。ハイテク株の多いナスダック指数も先月26日以来の最高値更新となりました。

【トレードシステム詳細はこちら】



↑ ↑ ↑ ↑ ↑

今日の相場が気になる方は、ここをクリック!

関連記事

  1. 2021/3/22(月)の相場雑感

  2. 2021/9/14(火)の相場雑感

  3. 2020/12/18(金)の相場雑感

  4. 2021/6/25(金)の相場雑感

  5. 2021/8/13(金)の相場雑感

  6. 2021/9/17(金)の相場雑感

PAGE TOP

運用システムについて

システムの運用パフォーマンス

相場雑感

2021/9/24(金)の相場雑感

銘柄ピックアップ

【4911】資生堂

今日の戦績

今日の戦績【2021年9月24日(金)】

運用システムについて

システムの概要・理論