相場雑感

2021/8/20(金)の相場雑感

20日の市場は日経平均が続落。終値は前日比267円安の2万7013円でした。東京市場は、前日終値近辺で揉み合うスタートとなりトヨタの大幅減産が投資家心理を圧迫。中国上海株や香港株の下落もあり徐々に下値を広げる展開となりました。新興市場も調整色となり、日経平均は昨年12月以来の2万7000円台割れも。救いは業績面の割安感も、今は買い手に余裕がない状況です。
本トレードシステムの運用パフォーマンスは、現在の不透明相場でもきっちりとサインが取捨選択(=高サイン精度)されており順調。現相場においても堅調に損益カーブを伸ばしています。

前日の米国市場は、量的緩和縮小が重荷となりダウ平均は3日続落。FOMCでは年内の量的緩和縮小(テーパリング)の意見が買いを入れにくくしています。なお、米国でも新型コロナの感染拡大が徐々に経済活動を圧迫するのではとの懸念が生じている模様。この日はS&P500とナスダック指数は小反発も、上値が重い展開となっています。

【トレードシステム詳細はこちら】



↑ ↑ ↑ ↑ ↑

今日の相場が気になる方は、ここをクリック!

関連記事

  1. 2021/1/5(火)の相場雑感

  2. 2021/8/17(火)の相場雑感

  3. 2020/12/11(金)の相場雑感

  4. 2021/3/26(金)の相場雑感

  5. 2021/8/25(水)の相場雑感

  6. 2021/4/15(木)の相場雑感

PAGE TOP

運用システムについて

システムの運用パフォーマンス

相場雑感

2021/9/24(金)の相場雑感

銘柄ピックアップ

【4911】資生堂

今日の戦績

今日の戦績【2021年9月24日(金)】

運用システムについて

システムの概要・理論