相場雑感

2021/8/27(金)の相場雑感

27日の市場は日経平均が反落。終値は前日比101円安の2万7641円でした。東京市場は、米国の量的緩和縮小やアフガン情勢が嫌気されて売りが広がる1日に。上値2万8000円辺りが目先の天井となっている模様。週末にて買い手は限定的も、下値は2万7500円を守ったことで安定感は増しています。
本トレードシステムは、同日の上昇個別銘柄ではしっかりの買いサインと損益カーブは続伸。一方、軟調銘柄では不参戦サインにて負けを回避。現在のような日経の迷走期も、銘柄ごとに最適なサインを算出することで
利益機会を逃しません。また、下落銘柄においてもロスを最小限に抑えられるのが本システムの特筆すべき点です。

前日の米国市場は、アフガニスタンの爆破事件を受けてダウ平均は5日ぶりに反落。景気回復期待から高く始まるも、次第に高値警戒感から目先筋の利食いが優勢に。その後はアフガンの爆破事件の報道を受けて株価は下落の展開となりました。米国では、ジャクソンホール会議前に買いを入れにくくなっている側面もあります。

【トレードシステム詳細はこちら】



↑ ↑ ↑ ↑ ↑

今日の相場が気になる方は、ここをクリック!

関連記事

  1. 2020/12/30(水)の相場雑感

  2. 2021/4/28(水)の相場雑感

  3. 2021/6/25(金)の相場雑感

  4. 2021/8/17(火)の相場雑感

  5. 2021/6/2(水)の相場雑感

  6. 2021/9/2(木)の相場雑感

PAGE TOP

運用システムについて

システムの運用パフォーマンス

相場雑感

2021/9/24(金)の相場雑感

銘柄ピックアップ

【4911】資生堂

今日の戦績

今日の戦績【2021年9月24日(金)】

運用システムについて

システムの概要・理論