相場雑感

2021/9/22(水)の相場雑感

22日の市場は日経平均が続落。終値は前日比200円安の2万9639円で、約3週間ぶりの安値となりました。世界の金融市場を混乱させている中国恒大の経営問題がこの日も相場を圧迫。米国株も反発しきれず、またリスクオフの観点から円高・ドル安も進行。中国当局の対応が救済には前向きでなく、落としどころが注視されながら買いを難しくさせています。
本トレードシステム、同日は見送りサインがメインとなりレードの的確な取捨選択が健在です。現在の軟調相場でも、無駄なロスを生じることなく現在も良好な運用パフォーマンスを維持しています。

前日の米国市場は、中国大手不動産の恒大集団の資金繰り懸念にてダウ平均は小幅ながら4日続落となりました。序盤は前日の反動で340ドルほど上げるも、利払い期限が23日に迫っており再び売りに押される展開に。米FOMCの結果発表を控えていることも様子見ムードを強めた模様です。一方、ハイテク株の多いナスダック指数は主力株に買いが入り3日ぶりに反発となっています。

【トレードシステム詳細はこちら】



↑ ↑ ↑ ↑ ↑

今日の相場が気になる方は、ここをクリック!

関連記事

  1. 2021/8/6(金)の相場雑感

  2. 2020/11/20(金)の相場雑感

  3. 2021/1/15(金)の相場雑感

  4. 2021/6/30(水)の相場雑感

  5. 2021/1/8(金)の相場雑感

  6. 2021/4/28(水)の相場雑感

PAGE TOP

今日の戦績

今日の戦績【2021年10月18日(月)】

運用システムについて

システムの運用パフォーマンス

相場雑感

2021/10/15(金)の相場雑感

銘柄ピックアップ

【6315】TOWA

今日の戦績

今日の戦績【2021年10月14日(木)】