相場雑感

2021/11/9(火)の相場雑感

9日の市場は日経平均が3日続落。終値は前日比221円安の2万9285円でした。東京市場は、前日の米株高にて序盤は240円高と戻りを試すも、最終的には日経平均が2万9000円の心理的な節目に一時接近する下げに。第二次岸田政権発足に伴い子供や生活困窮者向け支援が決まるも、バラまきメインにて経済への波及効果はゼロに等しい模様です。現在は米株高以外に材料がなく、上値3万円を遠くさせています。
本トレードシステムにおいては、下げ銘柄には的確な見送りサインにて無駄打ちを高い次元で抑制。陰線相場では極力マイナスを作らず、陽線相場で一気に利益を抜く。本システムは現在も堅実なトレードにて損益カーブを着実に上昇させています。

前日の米国市場は、米インフラ法案の可決にてダウ平均は続伸。連日で史上最高値を更新しました。110兆円規模のインフラ投資法案可決にて、建機・鉄鋼・素材・EV関連株が上昇。前週末の雇用統計も好感視され、幅広く買いが入った模様です。また、長期金利も低く安定しており主力ハイテク株にも買いが継続。ナスダック指数は19年12月以来の11連騰を記録するなど、この日も主要3指数揃って最高値を更新しています。

【トレードシステム詳細はこちら】



↑ ↑ ↑ ↑ ↑

今日の相場が気になる方は、ここをクリック!

関連記事

  1. 2021/1/8(金)の相場雑感

  2. 2020/12/10(木)の相場雑感

  3. 2021/4/9(金)の相場雑感

  4. 2021/3/18(木)の相場雑感

  5. 2021/3/30(火)の相場雑感

  6. 2021/12/3(金)の相場雑感

PAGE TOP

相場雑感

2021/12/3(金)の相場雑感

銘柄ピックアップ

【6976】太陽誘電

今日の戦績

今日の戦績【2021年12月1日(水)】

運用システムについて

システムの使い方・運用の流れ

相場雑感

2021/11/29(月)の相場雑感