相場雑感

2021/11/19(金)の相場雑感

19日の市場は日経平均が3日ぶりに反発。終値は前日比147円高の2万9745円でした。東京市場は、前日のハイテク株高の流れを受けて買い先行の展開に。日本政府の過去最大規模の経済対策(55.7兆円)に対し積極的な買いは薄くも株価は安定して推移。なお、米国株が再び最高値を更新し始めており、来週には日経平均も3万円を目指す動きになると思われます。
本トレードシステムにおいては、現在の方向感の定まらない相場はむしろ得意局面。単純な上げ相場よりも、裁量では予測のつきにくい状況でも安定した運用パフォーマンスを発揮できるのが本システムの強みです。同日も、ほぼすべての銘柄で算出サインは的確でした。

前日の米国市場は、ネットワーク機器大手シスコシステムズの株価下落を受けてダウ平均は続落しました。これが響き、ダウ平均は一時270ドル以上の下落に。一方、完全自動運転のEVを2025年に販売すると伝わったアップルが上昇し全体を下支えした格好です。なお、ハイテク株が物色されてS&P500種指数とナスダック指数は8日ぶりに最高値を更新。米国株の強気相場はまだ続きそうである。

【トレードシステム詳細はこちら】



↑ ↑ ↑ ↑ ↑

今日の相場が気になる方は、ここをクリック!

関連記事

  1. 2021/2/10(水)の相場雑感

  2. 2021/4/28(水)の相場雑感

  3. 2021/10/28(木)の相場雑感

  4. 2020/11/25(水)の相場雑感

  5. 2020/12/11(金)の相場雑感

  6. 2021/11/5(金)の相場雑感

PAGE TOP

相場雑感

2021/12/3(金)の相場雑感

銘柄ピックアップ

【6976】太陽誘電

今日の戦績

今日の戦績【2021年12月1日(水)】

運用システムについて

システムの使い方・運用の流れ

相場雑感

2021/11/29(月)の相場雑感