相場雑感

2021/11/29(月)の相場雑感

週明けの市場は日経平均が大幅続落。終値は前週末比467円安の2万8283円でした。東京市場は、新型コロナの変異株「オミクロン」に対する不安から前週末の欧米株が急落。この流れを受けて序盤から400円を超える下げにて始まりました。売り一巡後は一時プラス圏まで戻すも、外国人の入国停止発表による経済活動停滞を懸念し再び売り転じた格好です。しばらくは新変異株の報道に大きく振られる状態が続きそうです。
本トレードシステム、同日は買いサインと見送りサインが銘柄毎に的確に表示され、サイン判断の正確性が際立った1日となりました。現在もそのロジックの堅牢性にて損益カーブは続伸です。

前週末の米国市場は、新型コロナ変異株を警戒してダウ平均は大幅続落。下げ幅905ドルは今年最大で、一時は1000ドルを超える下げ幅に。この変異株の感染力の高さが指摘されており、行動制限を含め世界経済が再び停滞してしまうとの懸念が急速に広がった模様です。原油相場の急落、ドル安進行など各マーケットでもこれまでの反転運動が加速。リスクオフの動きにて当面は神経質な相場展開となりそうです。

【トレードシステム詳細はこちら】



↑ ↑ ↑ ↑ ↑

今日の相場が気になる方は、ここをクリック!

関連記事

  1. 2022/1/4(火)の相場雑感

  2. 2021/10/4(月)の相場雑感

  3. 2021/12/30(木)の相場雑感

  4. 2021/12/10(金)の相場雑感

  5. 2021/10/12(火)の相場雑感

  6. 2021/11/1(月)の相場雑感

PAGE TOP

運用システムについて

銘柄の選定は?

銘柄ピックアップ

【3914】JIG-SAW

今日の戦績

今日の戦績【2022年1月14日(金)】

運用システムについて

それでも株は投資の王道

相場雑感

2022/1/12(水)の相場雑感