相場雑感

2022/1/4(火)の相場雑感

2022年の初取引は、日経平均が3日ぶりに大幅反発。終値は前年末比510円高の2万9301円で、米国株にけん引されて大発会から幸先の良いスタートとなりました。国内で新型コロナの新規感染者が急増する状態も、今のところ景気回復期待が勝っている模様です。1ドル=115円台後半に入った円安も後押しとなり、当面は2万9000円台を固める展開となりそうです。
本トレードシステム、個別銘柄では上げ下げの明暗の分かれた同日の相場も、それぞれで買いサインと見送りサインが的確にプログラムが自動表示。日経平均が上げる中、本システム運用においては利益続伸の1日でした。アクティブ運用は、インデックス運用に対し、その運用パフォーマンスはやはり強力です。

前日の米国市場は、景気回復が続くとの見方が広がりダウ平均は3日ぶりに反発。再び史上最高値を更新しました。新型コロナ感染者数は依然として高水準も、ワクチンや治療薬の普及が経済活動維持に有効との認識が定着。相場は動意付いており、S&P500も最高値更新となっています。

【トレードシステム詳細はこちら】



↑ ↑ ↑ ↑ ↑

今日の相場が気になる方は、ここをクリック!

関連記事

  1. 2021/12/30(木)の相場雑感

  2. 2021/12/7(火)の相場雑感

  3. 2021/11/5(金)の相場雑感

  4. 2021/12/10(金)の相場雑感

  5. 2021/12/17(金)の相場雑感

  6. 2021/12/23(木)の相場雑感

PAGE TOP

運用システムについて

銘柄の選定は?

銘柄ピックアップ

【3914】JIG-SAW

今日の戦績

今日の戦績【2022年1月14日(金)】

運用システムについて

それでも株は投資の王道

相場雑感

2022/1/12(水)の相場雑感