相場雑感

2020/9/23(水)の相場雑感

4連休明けの市場は日経平均が小反落。終値は前日比13円安の2万3346円でした。日本の連休中に欧米株が大幅に下落したことを受け、最近の相場の柱となっていた景気敏感株に売りが広がり下げ幅は一時200円を超えました。一方、9月末の配当取りや日銀のETF買いの期待が相場を支えており、後場からは底堅い動きに終始しました。

昨日の米国市場は、ダウ平均が4日ぶりに反発。欧州の新型コロナ感染再拡大が重荷も、コロナの影響を受けにくいハイテク株が相場を支えた模様です。日本の連休中には米国株の値下がりが続きましたが、目先の売り一巡感から徐々に押し目買いが入る形になりました。

そして東京市場は、連休中の欧米株の下げ幅の割には底堅い1日となりました。チャート的にも25日移動平均線(2万3215円)が下値をサポートする強含みの形を維持。円高が止まったこと、そして富士フイルムの新型コロナ治療薬「アビガン」の承認申請報道が好材料となった模様です。総合的に市場の雰囲気は悪くなく、明日も比較的安定した相場展開が予想されます。

【トレードシステム詳細はこちら】



↑ ↑ ↑ ↑ ↑

今日の相場が気になる方は、ここをクリック!

関連記事

  1. 2021/1/21(木)の相場雑感

  2. 2021/3/18(木)の相場雑感

  3. 2021/2/10(水)の相場雑感

  4. 2020/12/30(水)の相場雑感

  5. 2021/2/22(月)の相場雑感

  6. 2020/12/4(金)の相場雑感

PAGE TOP

運用システムについて

システムの運用パフォーマンス

相場雑感

2021/4/19(月)の相場雑感

銘柄ピックアップ

【6323】ローツェ

運用システムについて

システムの概要・理論

相場雑感

2021/4/15(木)の相場雑感