相場雑感

2020/10/8(木)の相場雑感

8日の市場は日経平均が大幅反発。終値は前日比224円高の2万3647円で、2月14日以来、約8カ月ぶりの高値となりました。前日の米国株が大幅高となった流れを受けて幅広く買われる展開に。また時間外取引で米株先物が堅調に推移したことが後押しの要因でした。注目された米副大統領候補によるTV討論会は想定の範囲内で、こちらはあまり材料視されなかった模様です。

昨日の米国市場は、経済対策の一部実施期待にてダウ平均は大幅反発。9月上旬以来約1カ月ぶりの高値で取引を終えました。トランプ大統領が空運や中小企業の支援など追加経済対策を議会に求め、部分的にも米景気が支えられるとの期待から一気に買いが広がる展開に。買い安心感からハイテク株も急速に値を戻しています。

そして東京市場は、米国株の大幅上昇や円安進行を受けて日経平均が直近高値を超えてくる強い展開となりました。現在は緩やかながらも景気回復という基調にあるため相場は上げやすくなっている様子です。なお、今後の動向を見極めるには1週間後の大統領候補の第二回TV討論が期待されます。

【トレードシステム詳細はこちら】



↑ ↑ ↑ ↑ ↑

今日の相場が気になる方は、ここをクリック!

関連記事

  1. 2020/10/2(金)の相場雑感

  2. 2021/1/8(金)の相場雑感

  3. 2021/3/22(月)の相場雑感

  4. 2020/9/29(火)の相場雑感

  5. 2020/10/14(水)の相場雑感

  6. 2021/4/19(月)の相場雑感

PAGE TOP

運用システムについて

システムの運用パフォーマンス

相場雑感

2021/4/19(月)の相場雑感

銘柄ピックアップ

【6323】ローツェ

運用システムについて

システムの概要・理論

相場雑感

2021/4/15(木)の相場雑感