相場雑感

2020/10/9(金)の相場雑感

9日の市場は日経平均が小幅に反落。終値は前日比27円安の2万3619円でした。朝は米株高が好感され高く始まるも、前日に終値で8カ月ぶりの高値を付けた反動から徐々に利食い売りに押されました。週末もあって積極的な買いは入らず、中盤からは見送り状態に。国慶節の大型連休明けの中国株は高かったものの、日本株にはあまり響かなかった模様。

そして東京市場は、序盤こそ日経平均が2万3700円台(78円高)まで買い進まれたものの、その後は高値警戒感から小口売りに押されマイナス圏へ。今のところ2万4000円へ向けて買い上がる決定的な材料がありませんが、同じく売り材料もないためこの株価をキープできているとの見方です。来週は米国で7-9月決算が本格化。国内株式の動向も気になるところです。
なお当トレードシステムは、このような決算やファンダ要因をも全て織り込んだ高精度サインとして算出されるため、機械的かつPFの高い運用が可能となっています。

【トレードシステム詳細はこちら】



↑ ↑ ↑ ↑ ↑

今日の相場が気になる方は、ここをクリック!

関連記事

  1. 2021/4/2(金)の相場雑感

  2. 2020/12/16(水)の相場雑感

  3. 2021/2/2(火)の相場雑感

  4. 2021/2/12(金)の相場雑感

  5. 2020/12/7(月)の相場雑感

  6. 2021/2/22(月)の相場雑感

PAGE TOP

運用システムについて

システムの運用パフォーマンス

今日の戦績

今日の戦績【2021年5月7日(金)】

今日の戦績

今日の戦績【2021年5月6日(木)】

運用システムについて

システムの概要・理論

銘柄ピックアップ

【6755】富士通ゼネラル