相場雑感

2020/10/14(水)の相場雑感

14日の市場は日経平均が小幅続伸。終値は前日比24円高の2万3626円でした。前日の米株下落で売りが先行し、前場はマイナス圏での動きとなりました。一方、下値が2万3500円に近付くと押し目買いが入り底堅さを発揮。政府が第3次補正予算を編成との報道にて、後場はプラス圏に回復し強さを見せました。もっとも、東証1部の出来高は本日も10億株の大台に届いておらず、実需回復にはまだ時間を要しそうです。

昨日の米国市場は、一部でワクチン治験の中断が生じたことでダウ平均は5日ぶりに反落。米医薬会社J&Jやイーライリリーが新型コロナワクチン治験の一時中断を決めたことが投資家心理に水を差したようです。追加経済対策の与野党協議の停滞も手控え要因に。けん引役だったアップルが新型iPhone(5G対応)を発表するも、これで目先の材料出尽くしとなり同社株も売られました。

そして東京市場は、結果的に日経平均が続伸。政府の補正予算編成報道がこの日の相場の支えとなりました。日本では景気対策が継続的に施行されることが明確になり下値不安が後退。外国人が売り越す中で、先物には新規買いが入り指数をけん引。もっとも、先物ばかりで現物買いは少なく、東証1部の売買代金は連日で2兆円を下回っています。
出来高が少ないと個別銘柄のボラティリティーも低くなりがちです。このような低ボラ期は極力負けず耐えるロジックが。そしてボラティリティー拡大期は一気に利益を伸ばせる性質が当トレードシステムの特徴です。

【トレードシステム詳細はこちら】



↑ ↑ ↑ ↑ ↑

今日の相場が気になる方は、ここをクリック!

関連記事

  1. 2020/12/7(月)の相場雑感

  2. 2020/12/28(月)の相場雑感

  3. 2020/12/1(火)の相場雑感

  4. 2021/4/2(金)の相場雑感

  5. 2020/10/20(火)の相場雑感

  6. 2021/3/26(金)の相場雑感

PAGE TOP

運用システムについて

システムの運用パフォーマンス

相場雑感

2021/4/19(月)の相場雑感

銘柄ピックアップ

【6323】ローツェ

運用システムについて

システムの概要・理論

相場雑感

2021/4/15(木)の相場雑感