相場雑感

2020/10/16(金)の相場雑感

16日の市場は日経平均が続落。終値は前日比96円安の2万3410円でした。前日の米国株が堅調に引けたことを受け、寄付きはプラスへ切り返すも、後場には時間外取引の米株先物の下落につられて再び値下がりの展開。今期過去最高益となるファーストリテイリングの上昇で、日経平均を1社で100円ほど押し上げましたが及びませんでした。

昨日の米国市場は、欧州の新型コロナの感染拡大を嫌気してダウ平均は3日続落。イギリス、フランスが夜間の外出制限を出したことで世界景気に回復遅れの懸念が広がっています。米国でも感染拡大を懸念しダウ平均の下げ幅は一時300ドルを超える場面もありました。

そして東京市場は、買い材料が乏しく半ば手詰まり状態。日々の出来高から分かるように大口資金は動いておらず様子見となっています。欧州での新型コロナの感染拡大にて、2万3500円以上ではひとまず手仕舞いムード。日本では景気対策が打たれているため深く売り込まれる動きはありませんが、日経平均が2万4000円を目指すには7-9月決算の後押しが欲しいところです。
なお、このような決算頼みによるトレードは運用の確度が足りません。やはり、確率論的ロジックに裏付けされた機械的なトレードシステムこそ、市況に左右されることなく安定した運用パフォーマンスを叩き出せるのです。

【トレードシステム詳細はこちら】



↑ ↑ ↑ ↑ ↑

今日の相場が気になる方は、ここをクリック!

関連記事

  1. 2020/12/18(金)の相場雑感

  2. 2020/12/1(火)の相場雑感

  3. 2021/2/22(月)の相場雑感

  4. 2021/2/26(金)の相場雑感

  5. 2021/2/5(金)の相場雑感

  6. 2020/11/16(月)の相場雑感

PAGE TOP

運用システムについて

システムの運用パフォーマンス

相場雑感

2021/4/19(月)の相場雑感

銘柄ピックアップ

【6323】ローツェ

運用システムについて

システムの概要・理論

相場雑感

2021/4/15(木)の相場雑感