相場雑感

2020/10/20(火)の相場雑感

20日の市場は日経平均が反落。終値は前日比104円安の2万3567円でした。米国の追加経済対策への期待後退や株価下落を受けて朝から売りが先行。なお、時間外取引が堅調に推移したことで一時プラス圏に顔を出すも、積極的な買い手不在で後場から再び売りに押される展開に。中国上海株などアジア株が総じて下落していることも重荷で、日米ともに当面は様子見的な相場となりそうです。

昨日の米国市場は、追加経済対策の期待感が後退してダウ平均は大幅反落。欧米の新型コロナの感染拡大も投資家心理を圧迫した模様です。この日は政策協議の進展期待で序盤は100ドルほど上げて始まったものの、次第に協議難航の見方より株価は下げに転じました。ハイテクの多いナスダック指数は5日続落。市場人気のバロメーターであるだけに目先は買い一巡感が広がっています。

そして東京市場は、米株安に加えて昨日の急伸から買いの手控えムードが広がりました。国内外ともに材料不足で大口資金の動きがなく、米大統領選までは積極的なポジショニングを控えている様子です。一方で、個人などの小口資金には動きがあり、東証2部指数、マザーズ指数、ジャスダック平均はいずれも上昇。大統領選までのつなぎとして色々なジャンルの銘柄が物色されています。

【トレードシステム詳細はこちら】



↑ ↑ ↑ ↑ ↑

今日の相場が気になる方は、ここをクリック!

関連記事

  1. 2021/2/18(木)の相場雑感

  2. 2020/10/9(金)の相場雑感

  3. 2020/11/5(木)の相場雑感

  4. 2021/3/5(金)の相場雑感

  5. 2021/3/10(水)の相場雑感

  6. 2021/4/7(水)の相場雑感

PAGE TOP

運用システムについて

システムの運用パフォーマンス

相場雑感

2021/4/19(月)の相場雑感

銘柄ピックアップ

【6323】ローツェ

運用システムについて

システムの概要・理論

相場雑感

2021/4/15(木)の相場雑感