相場雑感

2020/11/19(木)の相場雑感

19日の市場は日経平均が続落。終値は前日比93円安の2万5634円でした。前日の米株安、そして続く円高が意識されて手じまい売りが先行。国内の新型コロナ感染者増が勢いを増していることも心理的な圧迫となっている模様です。ただ、現物株は終盤にかけて徐々に持ち直しており、トピックスも小反発に転じておる調整は一巡しつつあります。

昨日の米国市場は、新型コロナ感染拡大を警戒してダウ平均は続落。コロナワクチンの早期実用化期待があるも、感染拡大による景気の不透明感がこの日は徐々に拡大。上昇が目立っていた銘柄を中心に売り優勢となりました。ダウ平均は取引終了にかけて下げ幅を拡大。この日は安値圏で終えました。

そして東京市場は、日本や世界で新型コロナ感染が急拡大していることを受け主力株を中心に売り優勢に。一方、東京都の感染者数が500人超えが伝わった14時過ぎからは徐々に持ち直しており、先行して織り込み材料であった感が見て取れます。トピックス、東証2部、マザーズ指数がプラスで引けています。明日は3連休前の週末にて薄商いと予想されるも、底堅く安定した動きとなりそうです。

【トレードシステム詳細はこちら】



↑ ↑ ↑ ↑ ↑

今日の相場が気になる方は、ここをクリック!

関連記事

  1. 2021/6/4(金)の相場雑感

  2. 2021/3/26(金)の相場雑感

  3. 2021/2/18(木)の相場雑感

  4. 2020/11/16(月)の相場雑感

  5. 2021/3/2(火)の相場雑感

  6. 2021/6/10(木)の相場雑感

PAGE TOP

今日の戦績

今日の戦績【2021年6月23日(水)】

運用システムについて

システムの使い方・運用の流れ

今日の戦績

今日の戦績【2021年6月22日(火)】

相場雑感

2021/6/22(火)の相場雑感

今日の戦績

今日の戦績【2021年6月21日(月)】