相場雑感

2020/12/1(火)の相場雑感

12月最初の取引となる本日の市場は、日経平均が大幅反発。終値は前日比353円高の2万6787円で、1991年4月以来の高値となりました。前日の米国株の下落は織込み済みで、株高の勢いとワクチン早期利用期待の雰囲気が衰えません。日経平均は再び2万7000円を目指す動きとなっています。

昨日の米国市場は、米中関係が懸念されダウ平均は反落。レートが最高値圏にあり、かつ月末にて利食い売りが出やすい相場状況でした。ちなみに11月のダウ平均は月間で約12%上昇し、1987年1月以来の大きさを記録しています。

そして東京市場は、中国上海株や時間外取引の米株先物の上昇にて、序盤から買いが先行。円高一服と目先の利食い売りが一巡し、先物を中心に上昇相場へと戻しています。日経平均は再び2万7000円を意識した動きに入っており、遅かれ早かれ到達の見込みとなっています。
本トレードシステムは、現在の強気相場では買いサインにて着実に推移。逆指値にてリスク管理を行いながらの上値追いの展開となっています。

【トレードシステム詳細はこちら】



↑ ↑ ↑ ↑ ↑

今日の相場が気になる方は、ここをクリック!

関連記事

  1. 2021/1/25(月)の相場雑感

  2. 2020/10/23(金)の相場雑感

  3. 2021/3/22(月)の相場雑感

  4. 2020/9/23(水)の相場雑感

  5. 2020/11/5(木)の相場雑感

  6. 2021/2/2(火)の相場雑感

PAGE TOP

運用システムについて

システムの運用パフォーマンス

相場雑感

2021/4/19(月)の相場雑感

銘柄ピックアップ

【6323】ローツェ

運用システムについて

システムの概要・理論

相場雑感

2021/4/15(木)の相場雑感