相場雑感

2020/12/11(金)の相場雑感

11日の市場は日経平均が続落。終値は前日比103円安の2万6652円でした。昨日の米株安や円高進行を受けて甘い値動きに。メジャーSQ通過で不透明感は消化したものの、米経済や新型コロナ感染動向の懸念、そして週末ということもあり軟調な展開となりまし。一方、トピックスやジャスダック平均は上昇し、内容的には値上がり銘柄の方が勝っている状況です。本日は日経平均寄与度の高いSBGの下げが効いてしまいましたが、これがなければ底堅い1日となっていたでしょう。

そして週末の米国市場は、追加経済対策を巡る与野党協議難航が響きダウ平均は続落しました。上院共和党の9000億ドルの経済対策案の不支持が嫌気され、同日は景気敏感株を中心に小口売りが優勢に。これに加え、新型コロナによる死者数が過去最多を更新していることも重荷となっています。一方で資金余剰も続いており、ハイテク株の多いナスダック指数は反発。成長セクターには資金が向かっています。
本トレードシステム、コロナ禍不況のANAホールディングスにおいても利益続伸。内包するロジックは非常に強固で、個別銘柄の業績に一切左右されずに高い運用パフォーマンスを叩き出すことが可能です。

【トレードシステム詳細はこちら】



↑ ↑ ↑ ↑ ↑

今日の相場が気になる方は、ここをクリック!

関連記事

  1. 2020/12/4(金)の相場雑感

  2. 2021/1/15(金)の相場雑感

  3. 2021/9/2(木)の相場雑感

  4. 2021/2/22(月)の相場雑感

  5. 2021/3/18(木)の相場雑感

  6. 2021/4/7(水)の相場雑感

PAGE TOP

運用システムについて

システムの運用パフォーマンス

相場雑感

2021/9/24(金)の相場雑感

銘柄ピックアップ

【4911】資生堂

今日の戦績

今日の戦績【2021年9月24日(金)】

運用システムについて

システムの概要・理論