相場雑感

2020/12/16(水)の相場雑感

16日の市場は日経平均が反発。終値は前日比69円高の2万6757円でした。東京市場は開始数分で米株高を織り込んだ後は、大引けまで力なく推移。主力投資家の売買が減っており、11月のような勢いはない模様。今晩の米FOMCの結果を見極めたいとする声があるも、しばらくは膠着気味になりそうです。日経平均は日々の出来高が減少傾向にあり、2万7000円の大台を捉える勢いは以前より落ちています。

そして昨日の米国市場は、追加経済対策が進展との報道よりダウ平均は大幅反発。地方支援や新型コロナ賠償関連から企業を守る法律などを切り離し早期成立への流れができつつあります。また、モデルナのワクチンが早期承認される見通しが買い材料となった模様です。ハイテク株の多いナスダック指数は1週間ぶりに過去最高値更新となりました。

【トレードシステム詳細はこちら】



↑ ↑ ↑ ↑ ↑

今日の相場が気になる方は、ここをクリック!

関連記事

  1. 2021/1/8(金)の相場雑感

  2. 2020/12/25(金)の相場雑感

  3. 2020/11/6(金)の相場雑感

  4. 2021/1/5(火)の相場雑感

  5. 2020/12/30(水)の相場雑感

  6. 2021/2/2(火)の相場雑感

PAGE TOP

運用システムについて

システムの運用パフォーマンス

相場雑感

2021/4/19(月)の相場雑感

銘柄ピックアップ

【6323】ローツェ

運用システムについて

システムの概要・理論

相場雑感

2021/4/15(木)の相場雑感