相場雑感

2021/1/15(金)の相場雑感

15日の市場は日経平均が6日ぶりに反落。終値は前日比179円安の2万8519円でした。東京市場は米国の追加経済対策発表が目先の材料出尽くしとなり各指数は反落。直近5日間で1600円以上も上昇しており上げ一服は当然といえます。一方で、台湾の半導体受託生産最大手TSMCの大幅増益発表など半導体・電子部品中心に需要急拡大という明るい部分も。ここから好循環が生まれれば、日経平均は再び上値を追う展開と予想されます。
本トレードシステムは、信用銘柄では売り参戦も可能。上昇・下降の両局面に対応しておりアグレッシブな運用が可能です。

また前日の米国市場は、バイデン政権の経済対策を見極めたいとの雰囲気からダウ平均は続落。引け後に発表される追加経済対策への期待から序盤は買い優勢なるも、長期金利の上昇にてダウ平均も引けにかけて値下がりの展開に。15日からは主要企業の10-12月決算発表が始まるのも買い慎重姿勢の一要因となっています。

【トレードシステム詳細はこちら】



↑ ↑ ↑ ↑ ↑

今日の相場が気になる方は、ここをクリック!

関連記事

  1. 2020/9/25(金)の相場雑感

  2. 2020/11/25(水)の相場雑感

  3. 2020/12/25(金)の相場雑感

  4. 2020/10/8(木)の相場雑感

  5. 2020/10/20(火)の相場雑感

  6. 2020/12/7(月)の相場雑感

PAGE TOP

運用システムについて

それでも株は投資の王道

相場雑感

2021/2/26(金)の相場雑感

銘柄ピックアップ

【6182】ロゼッタ

運用システムについて

システムの使い方・運用の流れ

相場雑感

2021/2/22(月)の相場雑感