相場雑感

2021/2/26(金)の相場雑感

2月最後の取引となる同日の市場は日経平均が大幅反落。終値は前日比1202円安の2万8966円で、今月5日以来の安値となりました。好調だった2月相場も最後の日に波乱が起こり、東京市場は調整局面へと移りました。金利上昇はカネあまり相場には一番の敵であり、まだ金利水準が低いとはいえ、一定以上の株価は買いにくくなった模様。来週から3月相場となるも、しばらくの間は熱冷ましの調整相場となる見通しです。
本トレードシステム、上げ下げの明暗の分かれた同日の相場も、個別銘柄ごとに買いサインと見送りサインを的確に判断し自動表示。日経平均が下げる中、本システム運用においては利益続伸の1日でした。アクティブ運用は、インデックス運用に対し、その運用パフォーマンスはやはり強力です。

前日の米国市場は長期金利の急上昇を嫌気しダウ平均が大幅反落。FRB議長の金融緩和長期化発言にもかかわらず、長期金利が1年ぶり水準まで上昇しました。金利に対し割高感の高PER銘柄が売られ、他の景気敏感株にも波及しました。ダウ平均の下げ幅は不安心理の高まりから一時600ドルを超える展開に。ハイテク株の多いナスダック指数は3.5%も下げ、昨年10月以来の下落率となりました。

【トレードシステム詳細はこちら】



↑ ↑ ↑ ↑ ↑

今日の相場が気になる方は、ここをクリック!

関連記事

  1. 2021/3/26(金)の相場雑感

  2. 2021/9/6(月)の相場雑感

  3. 2020/12/30(水)の相場雑感

  4. 2021/2/2(火)の相場雑感

  5. 2021/8/20(金)の相場雑感

  6. 2021/7/28(水)の相場雑感

PAGE TOP

運用システムについて

システムの運用パフォーマンス

相場雑感

2021/9/24(金)の相場雑感

銘柄ピックアップ

【4911】資生堂

今日の戦績

今日の戦績【2021年9月24日(金)】

運用システムについて

システムの概要・理論