相場雑感

2021/3/2(火)の相場雑感

2日の市場は日経平均が反落。終値は前日比255円安の2万9408円でした。東京市場は日経平均3万円近辺での戻り売りに押されて自律的な下落へ。現在は3万円を急いで狙う理由が薄れており、実際に上値を買う主体も減っている模様です。東証1部の出来高も減っており、目先はレンジを形成する動きに移行しそうです。
本トレードシステムにおいては、現在の方向感の定まらない相場はむしろ得意局面。単純な上げ相場よりも、裁量では予測のつきにくい状況でも安定した運用パフォーマンスを発揮できるのが本システムの強みです。同日も、ほぼすべての銘柄で算出サインは的確でした。

前日の米国市場は、新型コロナワクチンの早期普及期待からダウ平均は大幅反発しました。米FDAが製薬大手J&Jの開発した1回接種型ワクチンの緊急使用を承認し、ワクチンの早期浸透期待が高まりました。2月のISM製造業景況感指数が市場予想を上回ったことも買い材料に。経済正常化への期待が高まり指数を一段と押し上げています。東京市場も、この波及効果に期待したいところです。

【トレードシステム詳細はこちら】



↑ ↑ ↑ ↑ ↑

今日の相場が気になる方は、ここをクリック!

関連記事

  1. 2021/3/10(水)の相場雑感

  2. 2021/7/16(金)の相場雑感

  3. 2020/12/10(木)の相場雑感

  4. 2021/6/25(金)の相場雑感

  5. 2021/7/30(金)の相場雑感

  6. 2021/2/5(金)の相場雑感

PAGE TOP

運用システムについて

システムの運用パフォーマンス

相場雑感

2021/9/24(金)の相場雑感

銘柄ピックアップ

【4911】資生堂

今日の戦績

今日の戦績【2021年9月24日(金)】

運用システムについて

システムの概要・理論