相場雑感

2021/3/10(水)の相場雑感

10日の市場は日経平均が小幅続伸。終値は前日比8円高の2万9036円でした。東京市場は、序盤は米金利低下を好感して200円超の上昇も、買い一巡後は前日終値を挟んで一進一退の動きとなりました。チャート面では、10日移動平均線が2週間以上も上値抵抗線として作用。一方、下値は堅くほとんど深押しする場面は見られません。まずは、上値をブレークすることが次のステージへの条件となりそうです。
本トレードシステムにおいて、同日は買い銘柄が多く積極参戦のサイン表示がメインとなりました。ここ数日は見送りサインにて防御がメインとなっていた本システムも、さらなる損益カーブ拡大の様相となっています。

前日の米国市場は、長期金利の上昇一服を受けてダウ平均は3日続伸。長期金利も低下し、ダウ平均の上げ幅は一時350ドルまで広がりました。しかし、過去最高値に迫ったことから目先筋の利食い売りにて伸び悩んだ模様です。なお、ハイテク株の多いナスダック指数は3.7%の上昇。この上昇率は今年最大となっています。

【トレードシステム詳細はこちら】



↑ ↑ ↑ ↑ ↑

今日の相場が気になる方は、ここをクリック!

関連記事

  1. 2020/12/4(金)の相場雑感

  2. 2020/9/29(火)の相場雑感

  3. 2021/2/26(金)の相場雑感

  4. 2021/2/12(金)の相場雑感

  5. 2020/10/8(木)の相場雑感

  6. 2021/4/15(木)の相場雑感

PAGE TOP

運用システムについて

システムの運用パフォーマンス

相場雑感

2021/4/19(月)の相場雑感

銘柄ピックアップ

【6323】ローツェ

運用システムについて

システムの概要・理論

相場雑感

2021/4/15(木)の相場雑感