相場雑感

2021/3/22(月)の相場雑感

週明けの市場は日経平均が大幅続落。終値は前週末比617円安の2万9174円で、今月10日以来の安値となりました。東京市場は米株安や日銀のETF措置を引きずり短期的な調整の模様です。しかしながら、東証1部全体でも4割以上の銘柄が値上がりしており買い意欲は旺盛。現状は日経平均に偏った調整と、業績志向相場は変わらず健在といえます。
本トレードシステム、同日は買いサインと見送りサインが銘柄毎に的確に表示され、サイン判断の正確性が際立った1日となりました。現在もそのロジックの堅牢性にて損益カーブは続伸です。

前週末の米国市場は、米銀の資本規制緩和終了を嫌気してダウ平均は続落となりました。FRBが、コロナ対応で導入していた銀行の資本規制緩和を延長しないと発表。債券など流動性悪化への懸念にて長期金利が上昇しました。これを受け高値圏の株式が売られる展開に。一方、金利に弱いハイテク株は意外にも底堅く推移し、ナスダック指数は反発を呈しています。

【トレードシステム詳細はこちら】



↑ ↑ ↑ ↑ ↑

今日の相場が気になる方は、ここをクリック!

関連記事

  1. 2021/2/18(木)の相場雑感

  2. 2020/12/25(金)の相場雑感

  3. 2021/1/5(火)の相場雑感

  4. 2021/7/30(金)の相場雑感

  5. 2021/7/21(水)の相場雑感

  6. 2021/9/22(水)の相場雑感

PAGE TOP

運用システムについて

システムの運用パフォーマンス

相場雑感

2021/9/24(金)の相場雑感

銘柄ピックアップ

【4911】資生堂

今日の戦績

今日の戦績【2021年9月24日(金)】

運用システムについて

システムの概要・理論