相場雑感

2021/4/19(月)の相場雑感

週明けの市場は日経平均が小幅ながら3日続伸。終値は前週末比2円高の2万9685円でした。東京市場は、本日も戻り売り・押し目買いに挟まれ方向感のない1日。緊急事態宣言による経済活動の制限が首都圏中心に強まるとの懸念より、冴えない動きとなっています。また、日米首脳会談の共同文書に台湾が明記され、日本と中国の関係悪化懸念も相場の重荷となった模様。もち合いはまだ続きそうです。
本トレードシステム、現在のもち合い相場でも個別銘柄の陽線引けにてしっかりの利確。陰線銘柄はやはり見送りサインにて手堅トレードが続いています。銘柄ごとにそれぞれ最適なサインを自動算出できることは、地合いに関係なく自分主体の安定した運用を可能としています。

先週末の米国市場は、景気回復の加速期待にてダウ平均は3日続伸。連日で史上最高値を更新しました。新型コロナワクチンの普及で米経済の回復に弾みが付くとの見方から景気敏感株が買われました。また予想を上回る主要企業の好決算が続いていることも好感されています。そして、中国の1-3月実質GDPが前年同期比18%増と非常に高い伸び率となったことも弾みとなっています。

【トレードシステム詳細はこちら】



↑ ↑ ↑ ↑ ↑

今日の相場が気になる方は、ここをクリック!

関連記事

  1. 2020/12/7(月)の相場雑感

  2. 2021/3/30(火)の相場雑感

  3. 2020/11/13(金)の相場雑感

  4. 2020/10/2(金)の相場雑感

  5. 2020/11/19(木)の相場雑感

  6. 2020/11/5(木)の相場雑感

PAGE TOP

運用システムについて

システムの運用パフォーマンス

今日の戦績

今日の戦績【2021年5月7日(金)】

今日の戦績

今日の戦績【2021年5月6日(木)】

運用システムについて

システムの概要・理論

銘柄ピックアップ

【6755】富士通ゼネラル