相場雑感

2021/4/23(金)の相場雑感

23日の市場は日経平均が反落。終値は前日比167円安の2万9020円でした。東京市場は、前日の米株安を受けて序盤は400円を超える下げと売りが先行。日本の首都圏を中心とした緊急事態宣言でリスクを回避の売りが出た模様です。しかしながら、直近安値で下げ止まる流れにあり、新型コロナの感染拡大が押さえ込めれば上昇基調を取り戻すと思われます。
本トレードシステムにおいては、引き続きサインの取捨選択ロジックが効いており的確な運用が継続。現在はややくすぶった動きも、コロナ収束後の大相場到来に向け機械的な運用がベターです。

前日の米国市場は、バイデン大統領のキャピタルゲイン増税発言を嫌気してダウ平均は反落。中盤までは短期筋の手仕舞い売りと景気回復期待の押し目買いで膠着していましたが、このキャピタルゲイン増税の報道で一気に400ドル安まで反応しました。なお、この増税案で主力ハイテク株は株価が大きく上昇。バイデン政策の負の側面がじわりと表れ出した格好です。

【トレードシステム詳細はこちら】



↑ ↑ ↑ ↑ ↑

今日の相場が気になる方は、ここをクリック!

関連記事

  1. 2020/10/14(水)の相場雑感

  2. 2020/11/13(金)の相場雑感

  3. 2020/9/25(金)の相場雑感

  4. 2020/10/9(金)の相場雑感

  5. 2020/11/2(月)の相場雑感

  6. 2020/12/11(金)の相場雑感

PAGE TOP

運用システムについて

システムの運用パフォーマンス

今日の戦績

今日の戦績【2021年5月7日(金)】

今日の戦績

今日の戦績【2021年5月6日(木)】

運用システムについて

システムの概要・理論

銘柄ピックアップ

【6755】富士通ゼネラル