相場雑感

2021/4/28(水)の相場雑感

28日の市場は日経平均が反発。終値は前日比62円高の2万9053円でした。東京市場は、東証1部の値下がり銘柄数が値上がり銘柄数の倍以上ある状況で弱さのある1日。チャート面では中期トレンドの75日移動平均線(2万9228円)を終値で超えられず、調整局面が少し長引く模様です。またGWも迫り、当面は動きにくい相場となりそうです。
本トレードシステムにおいては、下げ銘柄には的確な見送りサインの自動表示。陰線相場では極力マイナスを作らず、陽線相場で一気に利益を抜く。本システムは現在も堅実なトレードにて、損益カーブを着実に上昇させています。

前日の米国市場は、景気敏感株に小口の買いが入りダウ平均は小反発。米FOMCを前に長期金利が上昇し、利ざや拡大期待よりゴールドマンやJPモルガンが上げました。また、原油高を受けて石油関連株も高く。一方で、金利上昇でハイテク株には売り圧力が強まりナスダック指数は下落。今週は主要ハイテク株の決算が続くため、結果見極めのため慎重な相場となっています。

【トレードシステム詳細はこちら】



↑ ↑ ↑ ↑ ↑

今日の相場が気になる方は、ここをクリック!

関連記事

  1. 2021/7/28(水)の相場雑感

  2. 2021/1/25(月)の相場雑感

  3. 2021/3/22(月)の相場雑感

  4. 2021/5/13(木)の相場雑感

  5. 2021/3/5(金)の相場雑感

  6. 2021/6/4(金)の相場雑感

PAGE TOP

運用システムについて

システムの使い方・運用の流れ

相場雑感

2021/7/30(金)の相場雑感

銘柄ピックアップ

【3903】gumi

運用システムについて

システムの運用パフォーマンス

相場雑感

2021/7/28(水)の相場雑感