相場雑感

2021/5/13(木)の相場雑感

13日の市場は日経平均が大幅に3日続落。終値は前日比699円安の2万7448円と、1月6日以来の約4カ月ぶりの安値となりました。東京市場は、日経平均の水準訂正が進み2万7000円台のレンジへ突入。昨年12月末の上放れ時の節目に接近しています。この下値サポートは重要で、PERの低下(16倍台)を考えても短期的な押し目として1度は反発しやすい水準です。なお、マザーズとジャスダックの新興市場にも売りが波及し全面安となっています。
本トレードシステムは、同日の上げ相場でしっかりの買いサインと損益カーブは続伸。一方、軟調相場では不参戦サインにて負けを回避しロスを最小限に抑えられるのが本システムの特筆すべき点です。

前日の米国市場は、長期金利の上昇を受けてダウ平均が大幅に3日続落。4月の消費者物価指数が事前予想を上回る上昇となり、長期金利の上昇とともに株価が一斉に売られました。恐怖指数とされるVIXも目安となる20を大きく超え不安心理を助長。ダウ平均の下げ幅は一時700ドルを超えました。金利に弱いハイテク株の下げはきつく、ナスダック指数は3%近い大幅な下げとなっています。

【トレードシステム詳細はこちら】



↑ ↑ ↑ ↑ ↑

今日の相場が気になる方は、ここをクリック!

関連記事

  1. 2021/7/8(木)の相場雑感

  2. 2021/7/2(金)の相場雑感

  3. 2021/7/12(月)の相場雑感

  4. 2021/9/14(火)の相場雑感

  5. 2021/9/2(木)の相場雑感

  6. 2021/7/16(金)の相場雑感

PAGE TOP

運用システムについて

システムの運用パフォーマンス

相場雑感

2021/9/24(金)の相場雑感

銘柄ピックアップ

【4911】資生堂

今日の戦績

今日の戦績【2021年9月24日(金)】

運用システムについて

システムの概要・理論