相場雑感

2021/5/17(月)の相場雑感

17日の市場は日経平均が早くも反落。終値は前週末比259円安の2万7824円でした。東京市場は、米国株の上昇を受けて買い先行のスタートとなるも、寄付き直後の220円高がこの日の高値となり、その後はすぐにマイナス圏へ。買い戻し以外の買い手が不在で、最近の調整で需給構造がまだ乱れている様子。米インフレ懸念や国内の新型コロナ感染拡大が引き続き重荷となっており、トレンドの立て直しにはまだ時間がかかりそうです。

前週末の米国市場は、長期金利の低下が投資家心理を改善させてダウ平均は大幅続伸。4月の小売売上高の伸び鈍化がインフレ懸念のピークアウトを連想させて買いが広がりました。金利低下にてハイテク株には一段と買いが入りダウは急伸。なお、ワクチン接種が進んでおり今後の経済活動の一段の正常化が見込まれ、金利さえ落ち着けばリスクを取る動きはさらに活発となる見通しです。

【トレードシステム詳細はこちら】



↑ ↑ ↑ ↑ ↑

今日の相場が気になる方は、ここをクリック!

関連記事

  1. 2020/12/1(火)の相場雑感

  2. 2021/3/5(金)の相場雑感

  3. 2021/3/12(金)の相場雑感

  4. 2020/12/28(月)の相場雑感

  5. 2021/5/13(木)の相場雑感

  6. 2020/11/27(金)の相場雑感

PAGE TOP

今日の戦績

今日の戦績【2021年6月23日(水)】

運用システムについて

システムの使い方・運用の流れ

今日の戦績

今日の戦績【2021年6月22日(火)】

相場雑感

2021/6/22(火)の相場雑感

今日の戦績

今日の戦績【2021年6月21日(月)】