相場雑感

2021/5/28(金)の相場雑感

28日の市場は日経平均が大幅反発。終値は前日比600円高の2万9149円で、今月10日以来の2万9000円台回復となりました。東京市場は、米株高・円安にて寄り付きから日経平均が300円を超える反発。米中を中心に世界的な景気回復が続くとの見方から買い安心感が広がりました。円相場が1ドル=110円に迫る円安や、MSCI銘柄入替えを通過して需給不安が後退し、相場環境はかなりの改善方向へ向かう様相です。
本トレードシステム、上げ下げの明暗の分かれた同日の相場も、個別銘柄ごとに買いサインと見送りサインを的確に判断し自動表示。日経平均が下げる中、本システム運用においては利益続伸の1日でした。アクティブ運用は、インデックス運用に対し、その運用パフォーマンスはやはり強力です。

前日の米国市場は、雇用指標の改善を受けてダウ平均は続伸。新規失業保険申請件数が事前予想より少なく景気回復傾向を確認し景気敏感株を中心に買いが入りました。恩恵を受ける銀行株が軒並み高となる一方、これを受けて長期金利がじわりと上昇。金利に弱いハイテク関連が軟調となり、主要指数ではナスダック指数のみ下落しています。

【トレードシステム詳細はこちら】



↑ ↑ ↑ ↑ ↑

今日の相場が気になる方は、ここをクリック!

関連記事

  1. 2021/6/10(木)の相場雑感

  2. 2021/9/14(火)の相場雑感

  3. 2021/1/8(金)の相場雑感

  4. 2021/2/5(金)の相場雑感

  5. 2021/7/12(月)の相場雑感

  6. 2021/6/4(金)の相場雑感

PAGE TOP

運用システムについて

システムの運用パフォーマンス

相場雑感

2021/9/24(金)の相場雑感

銘柄ピックアップ

【4911】資生堂

今日の戦績

今日の戦績【2021年9月24日(金)】

運用システムについて

システムの概要・理論