相場雑感

2021/6/18(金)の相場雑感

18日の市場は日経平均が3日続落。終値は前日比54円安の2万8964円でした。東京市場は、米国の利上げとインフレ率の期待値低下の好悪複雑な状況を受けて模様見の1日となりました。指数ではトピックス主導にて薄く広く売られた印象。なお、米中や日本の景気回復見通しに狂いはないため売り方は限定的。なお、東京五輪の有観客開催という方向は、感染拡大が懸念されるため買い方の動きを難しくさせています。
本トレードシステム、同日の陽線メインの相場ではしっかりの参戦サインが表示されました。先週からの活況相場にて、運用パフォーマンスおよび損益カーブは続伸継続となっています。

前日の米国市場は、2023年の利上げ発表にてダウ平均は4日続落。FOMCが再来年に2回の利上げが行われる見通しを発表し嫌気されています。なお、利上げでインフレ率が低下すると見られ、素材やエネルギー関連が下落。一方で、長期金利は低下見込みにて主力ハイテク株は活況を呈しています。

【トレードシステム詳細はこちら】



↑ ↑ ↑ ↑ ↑

今日の相場が気になる方は、ここをクリック!

関連記事

  1. 2021/2/10(水)の相場雑感

  2. 2021/6/30(水)の相場雑感

  3. 2021/4/23(金)の相場雑感

  4. 2020/12/16(水)の相場雑感

  5. 2021/9/6(月)の相場雑感

  6. 2021/2/18(木)の相場雑感

PAGE TOP

運用システムについて

システムの運用パフォーマンス

相場雑感

2021/9/24(金)の相場雑感

銘柄ピックアップ

【4911】資生堂

今日の戦績

今日の戦績【2021年9月24日(金)】

運用システムについて

システムの概要・理論