相場雑感

2021/6/30(水)の相場雑感

6月最終日、日経平均は小幅ながらも3日続落。終値は前日比21円安の2万8791円でした。東京市場は、前日の米株高で200円近い上昇で始まるも、開始10分で息切れ。その後は前日終値まで落ちる「行って来い」の展開となりました。やはり2万9000円が上値の壁として意識されています。また中国の経済指標が芳しくなかったことも響いており、当面は上値の重い展開となりそうです。
本トレードシステム、値上がり銘柄拡大にてしっかりの買いサイン表示。現在は日経と個別銘柄の連動が薄いものの、本システムのサインは各個別銘柄の相場傾向にベストマッチしており本日も利益続伸の1日となりました。

前日の米国市場は、経済指標の改善を好感しダウ平均は小反発。この日発表の6月の米消費者信頼感指数が事前予想より改善。4月の住宅価格指数も上昇率が事前予想を上回りました。これを受けて全体は株高で推移するも、やはり過去最高値圏のため慎重にならざるを得ない模様です。それでも、ナスダック指数とS&P500は小幅ながら連日で過去最高値を更新しています。

【トレードシステム詳細はこちら】



↑ ↑ ↑ ↑ ↑

今日の相場が気になる方は、ここをクリック!

関連記事

  1. 2021/6/18(金)の相場雑感

  2. 2021/8/25(水)の相場雑感

  3. 2021/3/26(金)の相場雑感

  4. 2021/5/21(金)の相場雑感

  5. 2021/7/12(月)の相場雑感

  6. 2020/12/28(月)の相場雑感

PAGE TOP

運用システムについて

システムの運用パフォーマンス

相場雑感

2021/9/24(金)の相場雑感

銘柄ピックアップ

【4911】資生堂

今日の戦績

今日の戦績【2021年9月24日(金)】

運用システムについて

システムの概要・理論