運用システムについて

システムの概要・理論

勝ち続けることの難しさ

「勝てる銘柄」の選定は、一般的には企業業績や市場動向を見据えて絞り込むファンダメンタルズ分析、あるいは株価推移の数学的思考より売買タイミングを探るテクニカル分析があります。しかしながら、ファンダやテクニカルをもってしても、これらは「勝てる銘柄」の検出とは全く別。
企業業績や割安感、またテクニカルに重きを置くなどの、ごく一般的な選定方法では期待する運用結果を得ることは難しく、これらの実現には「高精度な売買サインロジック」が必須です。

寄り引けデイトレードにて効率的な運用

株の運用に”聖杯”はありません。これは投資経験のある方は周知のことでしょう。しかしながら、運用で億を貯めている人がいるのも事実。闇雲に打っていては資金を簡単に溶かすだけですが、バックテストに裏付けられたシステムロジックにてブレず戦略的に運用することにより、資産増は難しいものではありません。
なお、運用には短期的な保有スパンでコツコツと利益を積み上げていくプロセスが最も有効です。かつ、無理なく運用を継続できなければいけません。本トレードシステムは、ザラ場にチャートに張り付く必要がなく、全て予約発注にて運用が可能。サインもロスカット幅と併せて自動表示されますので、毎日のルーティンとしてのオペレーションは運用の負担を大幅に軽減してくれます。

【トレードシステム詳細はこちら】



↑ ↑ ↑ ↑ ↑

今日の相場が気になる方は、ここをクリック!

関連記事

  1. システムの運用パフォーマンス

  2. それでも株は投資の王道

  3. 銘柄の選定は?

  4. システムの使い方・運用の流れ

  5. システムのご提供について

PAGE TOP

運用システムについて

システムの使い方・運用の流れ

相場雑感

2021/7/30(金)の相場雑感

銘柄ピックアップ

【3903】gumi

運用システムについて

システムの運用パフォーマンス

相場雑感

2021/7/28(水)の相場雑感