運用システムについて

システムの使い方・運用の流れ

チャートサイン表示

システムの使い方・運用の流れ

①マニュアルに従い、お手元の端末にトレードシステムを導入します。
(※導入後はスマホからもチェック可能です。)

②同じくマニュアルに従い銘柄を選定し、指定サイトより4本値を入手します。
(※信頼性のおける4本値データであれば、どのサイトから入手しても構いません。)

③トレードシステムに①で入手した4本値をインポートします。

④トレードスペック(PF2以上、勝率60%以上)を確認し翌日より運用をスタート。
(※ザラ場に張り付く必要はありません。全て予約発注の形にて運用可能です。)
(※「寄付成行エントリー」にて約定後、「大引成行決済」または「逆指値約定」にて完結です。)

⑤ザラ場終了後に4本値を更新し、次サインを確認。④に戻り明日の参戦に備えます。

運用のポイント

本トレードシステムは、寄付成行エントリー → 大引成行決済の「寄り引けトレード」を採用することで、チャートに張り付くことなく効率的な運用を実現しています。毎日の売買判定は、チャート上に自動表示される矢印サインで視認性は良好。確率論的ロジックに裏打ちされた高スペックシステムにて、再現性の高い取引が可能となっています。
また、マニュアルに記載の銘柄選定にて、全上場銘柄に対応しています。

運用パフォーマンスの安定化に数値解析法・有限要素法ロジックを搭載!

こちらはユーザー様サイドにはあまり関係のない話ですが、株価推移を予測するロジックには、ファンダメンタルズやテクニカルではなく、数値解析法を導入した新しいシミュレーション方式を搭載しています。
本トレードシステムのコア・ロジックには、日々の株価推移と収益状況を随時監視し、毎日の売買判定に直結させる自己回帰型の判定方法にて、目標とする収益確保に向けて売買判定を自動補正する機能を備えています。

システムのセッティングはシンプル、導入後は即スタート

トレードシステムの導入とサイン表示には汎用ソフト(無償)をプラットフォームとしています。導入~運用までの操作はシンプル。難しい知識・経験を必要とせず、たとえパソコン初心者様、運用のビギナー様でも問題なく運用頂けます。

【トレードシステム詳細はこちら】



↑ ↑ ↑ ↑ ↑

今日の相場が気になる方は、ここをクリック!

関連記事

  1. システムの概要・理論

  2. それでも株は投資の王道

  3. システムのご提供について

  4. 銘柄の選定は?

  5. システムの運用パフォーマンス

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ノウハウ特集

銘柄パフォーマンス

  1. 【3092】ZOZO

    2020.12.15

  2. 【7047】ポート

    2020.11.30

  3. 【7752】リコー

    2021.02.13

運用システムについて

参加中ランキング

トレードシステムは、ここをクリック!↓
 

PAGE TOP

運用システムについて

それでも株は投資の王道

相場雑感

2021/2/26(金)の相場雑感

銘柄ピックアップ

【6182】ロゼッタ

運用システムについて

システムの使い方・運用の流れ

相場雑感

2021/2/22(月)の相場雑感