運用システムについて

それでも株は投資の王道

それでも株は投資の王道

2020年初頭からのコロナウイルスの影響で、これまでのライフスタイルが大幅に見直されています。旅行・交通・飲食はダイレクトに影響を受け、他の分野でも今後の中長期的な景況感の停滞が懸念されます。また、これまでの”稼ぐ”とう経済活動においては、給与所得だけでは爆発的な貯蓄は難しく、今後は稼ぐ手段にも工夫が必要です。
その中でも、対面する必要がないリモートワークにむしろ最適なのがネット運用です。リモートワークの普及は労働時間の自由化につながり、個人投資がより身近なものとなりました。なお、経済が悪化しても投資マインドは変わらず、株式市場は一層の活況を呈しています。

目標額までの達成期間は?10年後、20年後では遅い。

運用を行う際によく考えるのは、目標額達成までの運用期間でしょう。誰しも、できるだけ早く「億」へはいきたいと考えているはず。ただ、それにはスキャルピングが良いのか?それともデイトレ?またはスイング??自分なりの運用スタンスがないと、下がったら塩漬け、そして大損にてロスカットなど、非効率な投資を行いがちです。また、運用には継続のしやすさも大切な要素。スキャルピングのようにザラ場であくせくするのは苦痛ですし、逆に数年スパンで数十%の微益を目指しても面白くありません。
運用は、自分の生活スタイルを崩すことなく、無理なく継続できるトレードスタイルが理想です。その側面と、利益効率とのトレードオフ、といったところでしょう。
超短期売買はアグレッシブですがリスキー、一方で長期売買はメンタル的な負担は軽いですが非効率。これらトレードオフを考慮した運用スタイルでは、おおよそ月利ベースで10%~30%前後が妥当な運用パフォーマンスと言えます。

【トレードシステム詳細はこちら】



↑ ↑ ↑ ↑ ↑

今日の相場が気になる方は、ここをクリック!

関連記事

  1. システムの運用パフォーマンス

  2. システムの使い方・運用の流れ

  3. システムのご提供について

  4. 銘柄の選定は?

  5. システムの概要・理論

PAGE TOP

運用システムについて

システムの運用パフォーマンス

相場雑感

2021/4/19(月)の相場雑感

銘柄ピックアップ

【6323】ローツェ

運用システムについて

システムの概要・理論

相場雑感

2021/4/15(木)の相場雑感